内科

内科のご紹介

内科で行っていること

境野病院の考えとして、内科をすべて診れるように、例えば、肺・気管支(呼吸器)、心臓とか血管(循環器)、食道・胃・膵臓・胆嚢・肝臓(消化器)、その他、糖尿病など全て診させていただきます。しかし境野病院で判断できない事がある時は、専門の先生にご相談し、専門の先生に診て頂いて、専門の先生方の協力をえながら、住民の人達の為にやっていきたいと思います。

今後、院内設備も導入して充実させていきたいと思っています。検査の方も充実していきます。

特に、整形疾患では鎮痛剤を使う時に、よく鎮痛剤は胃を荒らすとか、潰瘍を作るとか、そういう話をされていますけども、そういう時に胃カメラで確認して「あっ、ここに潰瘍があった」とか、「この胃は大丈夫だ」とかを患者さんと一緒に話しながら行なっていきたいと思います。

やはり患者さんの痛い(腰が痛い・胃が痛い)をどっちを選ぶ、「胃が痛い方にする?腰が痛い方にする」とかには、両方治したいという方がおられますから、安心のためもあるので胃カメラも同時に使いながら鎮痛剤を投与していけば、すごく良い医療が出来るかなと考えています。

・一般的な内科疾患
風邪、扁桃腺炎、発熱、胸痛、むくみ、動悸、疲れ・疲労、だるい、体重減少、立ちくらみ、嘔気、嘔吐、吐き気、胸焼け、食欲不振・減退、肩こり、花粉症、蕁麻疹、アレルギー性鼻炎など

・循環器内科系疾患
狭心症、心筋梗塞、心不全、心臓弁膜症、不整脈、大動脈瘤、心筋症、心臓発作、 動脈硬化症、急性冠動脈症候群など

・消化器内科系疾患
腹痛、急性・慢性胃炎、胃痛、胃・十二指腸潰瘍、下痢、便秘、逆流性食道炎、 過敏性腸症候群、食中毒、胃痙攣、胃下垂、胃もたれ、心窩部(みぞおち)の痛み、 胆石症、急性・慢性肝炎、自己免疫性肝炎、脂肪肝、B型肝炎、C型肝炎、肝硬変など

・呼吸器内科系疾患
咳、痰、気管支喘息、気管支炎、肺炎、肺気腫、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、 肺結核、いびき、睡眠時無呼吸など

PAGE TOP