地域包括ケア病棟のご案内

地域包括ケア病棟のご案内

  1. ホーム
  2. 地域包括ケア病棟のご案内

地域包括ケア病棟とは

対象と目的

病気やケガで入院した場合、急性期の治療が終わり一般病棟で症状が安定するとすみやかに退院するのが基本ですが、引き続き入院してリハビリや医療ケアを受けた方がよい患者さんも少なくありません。急性期の治療が終わった患者さんや、在宅や介護施設で入院が必要と判断された方を受け入れて治療・ケア・リハビリを行い、自宅での生活に自信をもって復帰してもらうための支援を行う病棟を地域包括ケア病棟といいます。

入院期間

患者様の状態によって入院期間が異なりますので、その患者様に合った入院期間を主治医が説明いたします。最も多いのは30日程度ですが、診療報酬上の決まりで地域包括ケア病棟の入院期間は60日が限度となっています。主治医が病状の変化により集中的な治療が必要と判断した時には、連携医療機関の一般病棟へ転院となる場合があります。

支援内容

急性期治療後の在宅復帰支援

急性期治療が終了して症状が安定した患者様が安心して退院・在宅復帰して頂けるように、多職種チームで退院支援を行っていきます。退院支援看護士が患者様・ご家族様のご要望や不安などを伺いサポートいたします。

積極的なリハビリテーション

理学療法士が一人ひとりの患者様に最適なリハビリメニューを提供し、早期の退院に向けた支援を行います。

在宅患者様の状態悪化時の受け入れ

当院は在宅療養後方支援病院です。在宅療養や施設入所中の患者様の状態が悪化した場合に、迅速に入院受け入れを行います。

チーム医療による在宅支援

心身が回復するよう医師・看護師・社会福祉士・薬剤師・栄養士・リハビリスタッフが一丸となり、退院支援をさせていただきます。