胃内視鏡検査(胃カメラ)

胃内視鏡検査(胃カメラ)

  1. ホーム
  2. 検査・検診項目
  3. 胃内視鏡検査(胃カメラ)

当院の胃内視鏡検査(胃カメラ)

咽頭反射対策

当院の胃内視鏡検査(胃カメラ)は、口から(経口)行っております。胃カメラというと「オエッとなるのでは?」とか「苦しいんじゃない?」とイメージされる方もいらっしゃると思います。これは、カメラの管が喉を通るときに舌の付け根やのどちんこにあたり、咽頭反射がおこるためです。

当院では、ご希望の方には静脈麻酔をかけ実施しますので、咽頭反射をおさえ、眠っている間に検査が終了します。個人差はありますが、多くの方は苦痛を消失もしくは軽減できます。(ただし、全く効果を得られない方もまれにおられます。)

注意事項

  • 胃内視鏡検査(胃カメラ)は、予約制になっております。
  • 朝食抜きでお願いします。前日の夕食は午後8時までに終えてください。
  • 検査当日の水分摂取は、なるべく控えて下さい。
  • ご予約される際は、内科受診をお願いします。他院内服中の方はお薬手帳をご持参ください。
  • 検診で精密検査が必要とされた方、胃の調子がおかしいときには、ご遠慮なくご相談ください。

胃内視鏡検査(胃カメラ)の流れ

検査の前日

  • 夕食は軽めに(午後8時までに終えてください。)

検査の当日

  • 朝食は抜いてください。
  • 水・白湯は多量でなければ飲んでも構いません。

検査の流れ

  1. 問診を行います。
  2. 前処置として胃の中をきれいにする薬を飲みます。のど麻酔をする薬を口に含んでいただきます。
  3. 眠っての検査をご希望の方には、静脈麻酔をかけ、検査します。
  4. 静脈麻酔を使用された方は、検査が終わったら少しお休みいただきます。個人差がありますが、約1~2時間ほどです。

検査後

  • 検査当日は、車の運転はお控えください。
  • 飲食は1時間後から可能です。
  • 生検(組織検査)をされた方は激しい運動は避けてください。また、検査当日のアルコール摂取、刺激物の摂取はお控えください。

検査結果について

  • 当日、検査結果をご説明します。
  • 生検(組織検査)をされた方の結果は、約7~10日かかりますので、後日ご説明します。
  • 電話でのお問い合わせは、プライバシー保護の観点から、ご遠慮いただいております。